全東京記章商工協同組合

 

皆様、我が国の記章業が何時頃、民間として生業を成したのかを紹介しますと、明治18年、時の洋品雑貨商であった日本帝国徽章製作所 鈴木梅吉氏が今の千代田区飯田橋で起業したのが始まりとされております。その場所は、靖国通りの大神宮の入口の所に記念碑として標されております。
また、弟子を数多く養成したことが現在の業界の礎となり、130年の記章業の歴史を重ねてまいりました。当組合は、昭和32年 蒲生一也、出井松三、古田雄二の各氏が組合結成のため奔走されたことから始まり、昭和33年3月に組合創立総会を経て同年6月に業界の商・工業者を組合員として組合を設立しました。
現在、組合員数93社、自社ビルを所有、購買事業、福利・厚生事業、教育・情報事業を中心とした積極的な事業活動の他、青年部活動も展開しております。